日刊紙「信用情報」で人気のコラムをお届けします

苦悩の果てに No.917

国内メジャーの日本プロゴルフ選手権で、3季ぶりとなる復活優勝を飾ったプロゴルファーの石川遼が、これまで思うように結果を残せなかった苦悩について、優勝会見で語っていた。「(3年間)そんなに経っていたんですね。18ホール回って、必ず自分自身に向き合って感じたこととか、単純によくするためにどうしたらいいかを考えたりノートに書いたりするけど、それをやりたくないと思う日もある。それから逃げるのは簡単だけど、逃げないことで見えてくることもある」。

17年には5年間戦ってきた米ツアーから撤退。昨年から国内ツアーに専念し、何度か優勝争いに加わったが、なかなか栄冠には届かなかった。しかし決して腐らず、地道な挑戦を続けたことで石川遼の顔に久々に笑顔が見られた。

この会見を聞きながら、今年3月に現役を引退したイチローの名言を思い出した。「苦悩というものは、前進したいって思いがあって、それを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。だから、苦悩とは飛翔なんです」。メジャーリーグの第一線で脚光を浴び続けてきたイチローも、幾度となく苦しい日々を過ごしてきたが、それから逃げることなく正面から対峙し、必死になって乗り越えてきたことで数々の偉業を達成してきた。

物事が思うように進まないと、私たちはそこに目に見えない大きな「壁」を感じる。壁を前に不安を覚え、自分の限界を感じてもがき苦しむ。まさに苦悩だ。しかしイチローの言うように、壁を乗り越えたいという強い思いがあるから挑戦し続けることが出来るのであり、「壁」を乗り越えることで伸びていくのだ。

ゴルフ界の大御所である青木功は、石川遼がプロになった際、「どんどん負けなさい」と言ったという。負ける経験からくる苦悩こそが、必ずや成長の糧になることを知っていたからだ。

負け続けながらも地道なトレーニングを積んできた石川遼は「ただ練習するのではなくて、何をどのように練習していくのか。自分との向き合いかたは、この3年間で学んだこと」と続けた。

これはスポーツの世界に限定されることではない。苦悩の時間を前向きにとらえることが、飛翔するための助走になる。