日刊紙「信用情報」で人気のコラムを毎週お届けします

福袋 No.899

初売りといえば、毎年、福袋を買うという人も多いだろう。今年も初売りの当日、朝早くから百貨店の前に並ぶ人たちの様子をニュースが伝えていた。

福袋がいつから始まったのか諸説あるようだが、江戸時代に福袋の原型の「恵比寿袋」を日本橋の呉服店「越後屋」(現三越)が販売を始めたといわれており、「大丸呉服店」(現大丸)も1年の間にたまった端切れを袋に入れて販売していたという記録が残っている。また、明治40年(1907年)に「鶴屋呉服店」(現松屋)、同44年(1911年)に「いとう呉服店」(現松坂屋)が福袋を販売して評判になったようで、これが始まりという説もある。一般的になったのは昭和以降で、全国の百貨店で販売されるようになり、お正月の目玉商品として人気を呼ぶようになって現在に至っている。

もともと「福袋」とは、七福神の福の神として有名な大黒天が抱えている大きな袋のこと。この中に入っているのは幸運や幸福で、大黒天が袋から福を分け与えてくれると言われており、これがお正月に売られる福袋の由来となっている。

福袋は、バブル期には高価な宝飾品が入ったものや数億円といったモノも登場するなど、時代によって変遷してきた。インターネット全盛のいま、事前にネット予約して購入するシステムも出てくるなど、ますます多様化している。もちろん百貨店でも、年末近くになると予約がはじまり、福袋の中にはこんなのが入っていますよ、と親切に画像入りで教えてくれる。何が入っているかわかっている福袋を買うのは楽しみが半減してしまうのでは?と思ってしまうが、考えてみればネットで情報が簡単に入ってくる現在、どんなモノが入っているかわからずに買っている人の方が少ないのかもしれない。

最近は、事前にしっかりリサーチして、実際の販売価格より合計額が大きく上回り、かつ使えるイイモノが入っている福袋を選ぶのが当たり前で、事前予約するのはもちろんのこと、店頭販売の場合は何時頃から並べば手に入るかを見極めゲットするものとなっている。実際、食料品やコスメなど日用品の福袋も多くなっており、欲しいモノをお得に手に入れるきわめて現実的なお買い物としての利用が増えている。

運試しではなく、事前の調査が福を呼ぶというのでは、大黒天から福を分けてもらう夢とはずいぶんかけ離れてしまったが、それが今の時代を映しているのだろうか。