2018年2月のレーダー今週のレーダーへ

統計の大事さ No.854

昨年6月に出版された産経新聞論説委員・河合雅司著「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」が、第22刷を重ねるベストセラーになっている。「日本民族はもはや絶滅危惧種だ」と河合氏は言う。100年も経たないうちに総人口は5000万人に、300年後には約450万人、西暦3000年にはなんと2000人にまで減るとも。

日本にとって最も厳しい時期は、高齢者数がピークを迎える2042年だそうだが、その過程でもさまざまな難題が浮上する。2020年には女性の半数が50歳を超え、2024年には国民の3人に1人が65歳以上になり、2033年には3戸に1戸が空き家になり、2039年には火葬場が不足し、2040年には自治体の半数が消滅する、等々。

こうした予測は、集計数字から導き出された推測に過ぎないと、言えば言えようが、データ分析会社「データビークル」代表の西内啓氏は「統計学を制する者が世界を制する。どんな分野においても、データを集めて分析することで、最速・最善の答えを出すことができるからだ」と著書「統計学が最強の学問である」に説く。

「ナイチンゲールって、どんな人?」と訊かれ、「バカにしないでよ。そのぐらい知ってるさ。1850年代のクリミア戦争で負傷兵たちを献身的に看護した、世界一有名な看護婦じゃないか」と答えただけでは、半正解の「△」しか貰えない。

イギリスの上流階級に生まれた彼女は、当時社会的身分が低いとされた看護の道に、親の反対を押して進んだだけでなく、戦争で前線の医師や看護婦が足りないことを知ると、志願して野戦病院へ赴き、不眠不休で負傷兵たちを看護した。

しかし、彼女が残した功績は、看護だけではなかった。戦地では、実は「負傷」を原因とするより30倍も多い兵士が、劣悪な衛生環境に起因する「感染症」によって亡くなっている実態を、彼女は一人一人の死因を集計・分析することで知ったのだ。

彼女は、1000ページに及ぶ報告書をヴィクトリア女王直轄の委員会に提出、衛生管理の重要性を訴えた。その結果、戦地における感染症の発症が抑えられるようになるとともに、看護師という仕事の重要性が評価されるきっかけになった。

「世界の医療・福祉制度を大きく変えたのは、看護師としてのナイチンゲールではなく、実は同時に統計学者でもあった彼女の大きな功績だ」(京都大学客員教授・瀧本哲史著「ミライの授業」、要約)

地道な統計が示す実態や予測を、軽んじてはなるまい。

マスク大国・日本 No.855

日本は「マスク大国」である。ウェザーニュース社の先月調査によると、マスク着用者は過半の54%。日本人の場合、他人から風邪などを伝染(うつ)されない予防だけでなく、知らぬ間に罹ってしまったかも知れない風邪を、周囲にできるだけ伝染さないよう心掛ける配慮もまた、マスク着用が増える理由ではなかろうか。その結果、年間20億枚とされる日本のマスク消費量(日本衛生材料工業連合会調べ)は、どうやら世界一らしい。

日本にマスクが入ってきたのは明治初期。ただし、当時の用途は「粉塵」対策だった。形は現在の立体型マスクのようだが、裏返した内側には、真(しん)鍮(ちゅう)の金網に金属糸で編まれた布が、粉塵を濾過するフィルターになっていた。

日本に、マスクを広めるきっかけになったのは1918(大正7)年のインフルエンザ(スペイン風邪)の大流行だった。内務省調査で死者39万人。このため政府は、「!ンキイバのゼカリヤハしべる恐」「!ずら知命ぬけかをクスマ」と、当時は右から左へ読むキャッチコピーを書き込んだポスターを作って、全国に貼り出した。

その後もマスクは1934(昭和9)年などインフルエンザが流行するたびに爆発的に売れ、素材改良も進んだ。日本でガーゼ素材のマスクが誕生したのは1950(同25)年、現在主流の不織布製のプリーツ型が開発されたのは1973(同48)年。1980年代からは花粉症対策などにも用途を広げ、市民生活にさらに浸透していった。

最近は、花柄などプリント模様などのおしゃれマスクも増えている。「マスク姿は3割増し可愛く見せる効果がある」という俗説は、まんざら嘘ではなさそうだ。なぜなら、人間の脳には、隠された部分を過去の経験を基づき都合よく補完する「空間補完能力」がある。つまり、マスクで隠れた輪郭や鼻や口元など顔の大部分を、ついつい理想的にイメージしてしまうため、「マスク美人」が勝手に出来上がるのだ。

さらに近頃、少数派ながら若者たちの間で見かけようになったのが「黒マスク」だ。ある男子アイドルがプライベートで使ったのが評判になったらしい。なるほど、全身を黒やモノトーンでシックに決める若者ファッションに、マスクだけが白いのは台無しで、黒マスクは、使う人が使えば、カッコいい。

ただ ……。「!ンキイバしべる恐」のポスターに勧められてオジサンやオバサンたちが使い始めた100年前、マスクと言えば黒一色だったと、バラしてはまずいかな?