2018年8月のレーダー今週のレーダーへ

「八月や…」 No.880

TBS系列の娯楽番組に「プレバト!!(才能査定ランキング)」(木)がある。芸能人・著名人が俳句、生け花、料理の盛り付け、絵手紙、書道、料理など各ジャンルに挑み、その道のプロが腕前を厳しく評価する。筆者が興味を持つ「俳句」では、何度かの挑戦の結果、俳優・梅沢富美男や評論家・東国原英夫、落語家・三遊亭円楽、タレント・千原ジュニアらが、作品を査定・添削する俳人・夏井いつきから「名人」「特待生」などの評価を受けた。それぞれ本業とは別の意外な才能を見せてくれるのが面白い。

今更だが俳句は、「五・七・五」の17音の中に必ず「季語」を含む「有季定型」であることを条件とする「世界で最も短い詩」である。短いからこそ、その中に自身の情感、美意識、自然観、哲学、思想をどう凝縮し、どう表現するかが難しい。半面、難しいからこそ挑戦する者も多く、有力新聞・雑誌の多くは読者を対象に「投稿俳句」欄を設けており、俳句人口は500万~1000万人とも言われる。 俳人・水原秋櫻子は著書の中で、俳句を詠む際の「注意六条 禁忌八条」を提唱した。詳細は割愛するが、「禁忌八条」の最後に「模倣の句は詠まない」と戒めた。

「八月の六日九日十五日」 千葉県の句会に所属する愛好家・小林良作さんは2014年、全国大会に向けて、前句を投句した。若年層にはピンと来ないかも知れないが、60代以降なら、聞いただけで「そっかあ」「そうだよなぁ」と胸に刺さる痛みを覚える方が多かろう。8月6日は広島に、9日は長崎に原爆が落とされ、15日に戦争が終わった。8月のこの3日間は、それだけで、日本人の胸に宿る万感が伝わる名句だ。

ところが、投句して間もなく事務局から小林さんに電話が掛かってきた。「貴兄の投稿句には、誰かの先行句があるようです」 驚いて調べると、事実だった。上句が「八月の」か「八月や」か、または「八月は」なのかという違いはあるが、中・下句が「六日九日十五日」とまったく同じように続く句が、6句もあることが分かった。

最初に詠んだのが1992年、広島県尾道市の医師・諫見勝則さん(故人)だったことも分かった。諫見さんは海軍兵学校出身で、広島や長崎の状況もよくご存知だったそうだ(小林良作著「八月や六日九日十五日」から抜粋、要約)

「八月や六日九日十五日」と、あえてもう一度書こう。あれから73回目の8月を、今週ばに迎える。偶然にも多くの人々が胸に描き詠んだ思いを、決して忘れてはならない。