2021年のレーダー今月のレーダーへ

湯気立つ餅 No.932

「餅入れて粥を煮る日や松納」(碧梧桐)。この正月も、いつものようにお餅をいただいた。帰省の見送りなどによる巣ごもり需要で、今年の餅消費量は例年以上に増えるのではないかという予測もある。

さて、日本で一番餅好きが集まる地域はどこだろうか。都道府県民1人当たりの年間の餅消費量の調査によると、2019年のトップは福井県で34.5個。2位富山県の31.3個、3位石川県の28.7個と北陸勢がつづく。全国平均は17.8個で、東京都は18.3個だった。18年のトップ3は富山県(31.3個)、福井県(31.2個)、新潟県(30.4個)の順。やはりというか、米どころの北陸信越が上位を占めていた。

国内産水稲もち米100%の包装餅の需要拡大を図る全国餅工業協同組合は、10月10日を「おもちの日」に制定している。なぜ、かつての「体育の日」かと疑問が湧いたので調べてみると、エネルギー源や栄養補給源としてスポーツに最適なのだという。100g当たりの糖質(炭水化物)は米の37.1gに対し、お餅は50.3gと高く、昨今のトレンドからすると糖質過多は少し気になるが、持久力を要するマラソン選手に愛好者は多い。ついつい食べ過ぎてしまう方には、大根おろしと一緒に食べることをオススメする。大根の消化酵素がデンプンを分解するらしい。

お餅が最も売れるのは12月だが、正月だけでなく祝い事やハレの日にも食べる伝統食でもある。保存ができ、携行できる食料としてモチ歩ける便利さもある。最近は非常食用として“水に1分間浸すだけで食べられる”あんこ餅、いそべ餅、きなこ餅なども販売されている。火を使えないような状況でも最低限のカロリーを得ることができ、まさにサバイバルフーズである。

こうした知恵は戦国時代からあった。武田信玄vs上杉謙信で有名な川中島の決戦。武田軍の兵糧食は「ほうとう」だった。甲斐は米を作る平地が少なかったため、山を削って小麦や大豆を作り、粉食を主食にしていたためだ。一方、米が豊富な上杉軍は、笹の殺菌効果を活かした「笹団子」を携行して戦いに臨んだという。

「あたたかき息のごとくに餅置かる」(中根美保)。まだ湯気の立つ、つきたての餅がイメージできる。厳しい寒さが続いている。本年も弊社レーダー欄を通じて餅の湯気に劣らぬあたたかい風をお送り出来たらと思う。

パラダイムシフト No.933

「無印良品」を展開する良品計画は、昨年7月から試験的に行っていた家具レンタルの月額定額サービスを、1月15日から全国182店舗で本格展開している。

商品は脚付マットレス(ベッド)やテーブル、チェアなどシンプルなものばかりで、1年~4年までの期間を指定できるプランを提案している。面白いのが料金設定で、販売価格2万7900円の脚付マットレスは1年契約なら月額2140円、4年契約なら同560円。1年契約で総支払額2万5680円、4年契約で2万6880円と1年借りるのも、4年借りるのも1200円しか変わらない。また販売とレンタルの価格差は1年で2320円、4年で1020円しかない。

この点をみると、1年借りるよりも4年借りたほうが得じゃないか、いやいや買った方がいいじゃないか、借りるメリットはあるのか?と、一見すると、このビジネスモデルの狙いは見えにくいが、一部の消費者には魅力的な提案にちがいない。

家具は消耗品である。マットレスの内部はスプリング構造だが、人が寝ているときは常に荷重がかかり、経年利用で腰の部分がへこんでくる。困るのが廃棄で、特に脚付マットレスのような大型家具の処分には自治体の大型ごみ処理を利用する方法もあるが、家から指定された場所に搬出せねばならず、一人で運ぶのは大変だ。だからといって不用品引取業者を呼べば、数千円の手間賃が加算される。よって、特に大学生などは4年契約で借りたほうが、4年後の処分価格込を考えると買うよりも得といえる。

また良品計画は、返却された家具はパーツ交換などのメンテナンスをして再び定額サービスで利用するか、中古品として販売する予定で廃棄削減にもつなげる。今求められる環境に優しいサステナブルな取組みでもあり、消費者の共感も得られるだろう。

私たちは、家、車、家具など生活に必要なモノの所有、ひいてはより良いモノの所有、より質の高いモノの所有に価値を見出し、それを得るためにローンを組み、自由時間を削り働くことも厭わなかったが、ここに来て従来の常識を覆す“パラダイムシフト”が起きている。無理して所有しなくてもいい、そのとき必要なものを必要な分だけ利用する生活でいい。そうすればローンや労働に追われる生活を送らなくてもいいと ―― 。

そんな考えの広がりを背景に、この家具レンタルのようなビジネスモデルへのシフトも求められている。

それぞれの特別の日 No.934

東京で引きこもりがちだった女子高生の天野アキ(能年玲奈、現のん)が、母、春子(小泉今日子)の実家である岩手県北三陸市に引っ越すことから始まったNHKの朝ドラ『あまちゃん』。宮藤官九郎のセンスあふれたこのドラマは2013年4月から半年間放送され、人気を博した。

2011年3月11日午後2時46分。ドラマではアキの親友ユイ(橋本愛)の乗る電車がトンネルにさしかかった時、それは起こった。マグニチュード9.0の大地震。長さ500キロにわたる沿岸を襲った巨大な津波と火災。さらに福島第一原発事故が重なったことで、終わりの見えない複合災害が始まった。その東日本大震災から10年。「3.11」は、今も特別の日である。

震災後、ドラマのロケ地となった岩手県久慈市の縫製工場を訪れた。応接室の一部にベニヤ板が張られていた。聞けば津波に流されてきた丸太が応接室の壁をぶち抜いて入ってきたという。幸い従業員に死傷者はなかったが、「生と死の境は紙一重」を実感したそうだ。別の工場の社長さんからは、「義援金は助かるが、この土地でずっと生きていくには何より仕事が必要。従業員の生活もある」と、発注継続を強く願う言葉も聞いた。先の工場は今も操業を続けているが、昨年からは高級婦人服ではなく、マスクや医療用ガウンの縫製が中心になっている。

福島県では津波で電源を喪失した福島第一原発が甚大な被害をもたらした。1号機の炉心が露出したことで、11日午後8時50分に福島第一原発から半径2キロ以内の住民に避難指示が出された。12日午前5時44分には半径10キロ圏内の住民に避難指示が出され、双葉町の住民は川俣町へと逃れた。12日午後3時36分には第一原発1号機が水素爆発し、午後6時25分に避難指示は20キロ圏内に拡大、深刻さを増していった。震災後も福島は食の安全問題をはじめ、様々な風評被害に苦しめられた。今でも福島県から県外に移った2万9千人を含め、全国で約4万1千人が避難生活を続けている。

除染、建物解体、インフラ復旧・復興。係わった人の数だけこの10年の物語はある。「不安定な再生エネルギーに頼れば、国内製造業は空洞化する」と主張する原発推進派も復活した。もう忘れてしまったのだろうか。震災後、日が落ちると、すっぽりと闇に閉ざれた一帯が今も残っているというのに。