2019年6月のレーダー今週のレーダーへ

“折る刃” No.915

新聞や雑誌を切り抜いてスクラップするのが日課だ。カッターをスライドし一定の間隔で刃が出てくる度に、あのカチカチと聞きなれた音がする。

先日何とはなしに、カッターに印された「OLFA(オルファ)」のロゴの下にJAPANと記されているのが目に留まった。OLFAという社名から見て海外のメーカーだと思い込んでいたが、設計、開発から製造まで国内で行っている日本企業で、それどころか古い刃先を折ることで常に新しい刃先が使用できるという方式のカッターナイフを発明したのがOLFAなのだ。社名の由来は、刃を折るの“折る刃”からきている。

ホームページによると、創業者である岡田良男氏は、自身が印刷会社に勤めていた頃、紙を切る際カミソリの刃をつまんで使用していた。だが、危ない上に切れ味が悪くなれば捨てるしかないのでもったいない。ある時彼は、靴職人が靴の底を削るのにガラスの破片を刃物として代用し、切れが悪くなると、そのガラスを割って使い続けている姿に着目。それを見て、敗戦後、進駐軍の兵隊たちが食べていた板チョコが脳裏に浮かんだ。靴職人のガラス片と割れる板チョコ。刃がポキポキと容易に折れ、何回でも切れが衰えない状態で使えるカッターは、こうした身近なものがヒントになっていたのだ。

彼は仕事の後、試作品作りに取り組み、ついに1956年世界初の刃が折れるカッターを創り上げた。その後特許を取得したものの、刃先が折れる仕様は当時の人には斬新にうつったのか大手メーカーには見向きもされなかった。しかし彼は諦めず、小さな町工場を頼りに自力で商品化を目指し、苦労の末“折る刃式カッターナイフ”を誕生させた。

特筆すべきは、開発された時にすでに刃の長さや大きさ、角度、折れる刃の線の深さやピッチなど、現在のカッターとほとんど変わらない完成型として誕生したこと。そして、いまやOLFAの刃の規格がそのまま世界基準となり、世界中で広く使われる工具のひとつとなっている。

トレードマークの黄色は道具箱の中でも目立つように、またカチカチと音が鳴ることで、使う人が刃を出し過ぎないように認識できるよう配慮がなされている。ひとつひとつ細部まで考えぬかれ、試行錯誤の末に誕生し世界のスタンダードになったカッター。

自身のひらめきを形にしたい。その思いを成し遂げるための並々ならぬ熱意や努力が、この小さな道具には詰まっている。