2020年6月全国の繊維倒産集計

件数は引き続き低水準、負債額は前月比大幅減

  • 発生件数26件
  • 負債額=55億6000万円

2020年(令和2年)6月の全国繊維業者の倒産(負債額1000万円以上=整理・内整理含む)は26件で、前月比で4件増(18.2%)、前年同月比で2件減(7.1%)となった。

負債額は55億6000万円で、前月比147億2200万円減(72.6%)、前年同月比では127億4400万円(69.6%)減となった。

負債額10億円超の大型倒産は(株)ほの国百貨店(愛知県豊橋市、百貨店、負債額12億9700万円)1社。同5億円以上も(株)ラブリークィーン(岐阜市、婦人服製造、7億4900万円)1社のみで、大半は少額案件だった。

(株)ほの国百貨店は名古屋の老舗百貨店(株)丸栄の子会社として、JR豊橋駅前に出店。その後、従業員が株式を買収して、2012年(平成24年)に新体制で再スタートしたものの業績は低迷。直近3期は連続の赤字決算となり、今年3月に閉店した後、5月の解散決議を経て特別清算を申請した。

(株)ラブリークィーンは東証1部上場(株)RVHの子会社だったが、6月3日付で別会社に株式を譲渡。新体制となった矢先、コロナ禍で10日の支払いができない旨を関係先に通達したことで動向が注目される中、譲渡後2週間で破産手続開始となった。

緊急事態宣言が解除され、自粛休業していた百貨店やチェーンストア、小売店などは6月から営業を再開するなど、各方面で経済活動の正常化に向けた動きがみられるものの、県外移動自粛要請が解除された6月19日までは限定的な動きに終始した。

大手企業やその系列工場などでは、7月中旬まで来社・訪問の自粛を継続する先や生産調整を継続する先があり、一般オフィスでもテレワーク体制を本格導入するなど、依然として多くの業種で経済活動の抑制を強いられている。

繊維業界でも小売業にとどまらず、製造業では稼働率が低下したままの状況にあり、商社や問屋などでは返品や受注キャンセルの対応に追われる先も少なくはない。

上場企業の3月決算の発表が一段落したが、多くの企業が今期決算の予想を「未定」としている。また、新規感染者数は少数ながらも、東京を中心に関東圏で発生が続いており、第二波に対する警戒感も強く残るなど、先行きの不透明感は否定できない。いわゆる「コロナ関連倒産」の発生が本格化するのは、7月以降と思われ、資金力が脆弱な企業の倒産や廃業が多発することが予想され、引き続き動向を注視する必要がある。

業種別では、「小売商」12件、「紳士・婦人・子供服・被服製造卸」9件、「ニット製品・洋品雑貨製造卸」2件、「呉服・和装製品製造卸」「寝具・インテリア製品製造卸」「その他」各1件。 原因別では、「業績ジリ貧」が19件で73.1%を占め、他は「業況急変」7件。

2020年6月東海・中部の繊維倒産集計

件数は今年最多、負債額は前月比大幅増加

東海
  • 東海4県(愛知・岐阜・三重・静岡)
  • 発生件数=5件
  • 負債額=22憶2400万円

東海4県下の倒産件数は5件で、前月比で5件増加、前年同月比では3件増加となった。

負債額は22億2400万円で、前月22億2400万円の増加となり、前年同月比では12億2400万円(122.4%)の増加となった。

業種別では「紳士・婦人・子供服・被服製造卸」「小売商」がそれぞれ2件、「その他」1件。原因別では業績ジリ貧」3件、「業況急変」2件となっている。

負債額を大きく押し上げたのが(株)ほの国百貨店(愛知県豊橋市、百貨店、負債額12億9700万円)と(株)ラブリークィーン(岐阜市、婦人服製造、負債額7億4900万円)。㈱ほの国百貨店は(株)丸栄豊橋が前身で、三河地区唯一の百貨店として知られていたが、百貨店離れが進む中、豊橋市駅前商店街の地盤沈下が進んで、同エリアの集客力そのものが低下していた。先行き商況の回復は期待できないと判断して今年3月15日に閉店し、5月25日開催の株主総会の決議で解散を決議していた。


中部
  • 中部9県(愛知・岐阜・三重・静岡・長野・富山・石川・福井・滋賀)
  • 発生件数=7件
  • 負債額=22憶7400万円

中部9県下の倒産件数は7件で、前月比5件増加、前年同月比では3件増加となった。

負債額は22億7400万円で、前月比22億1000万円(3453.1%)の増加となり、前年同月比では11億7600万円(107.1%)の増加となった。

業種別では「紳士・婦人・子供服・被服製造卸」「小売商」がそれぞれ3件、「その他」1件。原因別では「業績ジリ貧」4件、「業況急変」3件となっている。

東海4県以外では富山、福井で各1件発生した。

(株)ジョリー(富山市、婦人服・洋品小売)は、国道415号線沿にミセス向けのアイテムで「ジョリーさいとう」を構えていたが、大型量販店やファストファッションとの競合から減収となり、苦戦していた。